社員のことば

現在の仕事の内容は?
(入社10年〜20年の中堅)

写真01

電力会社の変電設備を新設、改修工事における現場管理を任されています。大型変圧器等の屋外設備から、高圧キュービクル、配電盤等の屋内設備まで変電所のあらゆる工事を行います。
 電気工事とはいっても、ときには土木、建築関連仕事もあります。
 よく監督さん、監督さんと言われますが、作業に直接手を出せない分だけ、段取り、先読みすることを求められるため、自らの経験だけでなく、社内でのコミュニケーションや、他部門からの意見等を聞きやすい環境を十分に活用して、毎日を過ごしています。(Kさん 41才)

写真02

電気工事の中で、いわゆる内線工事といわれる部門の営業から、見積(積算)、
設計、現場管理に至るまでを担当しています。高圧の受変電設備工事や一般の
低圧電気工事ばかりでなく、電気工事に係る物であれば、空調、換気やエコキュート等の工事やLAN工事も行います。
 現場は、県や市、ビルから一般住宅まで様々ですので、仕事にも変化があり、やりがいがあります。(Oさん 60才)

仕事で感じたやりがいは何ですか。
(入社10年〜20年の中堅)

写真03


工事受注後の予算や、工事計画作成から始まり、仮設工事・停電作業、
完工までを一貫して受け持つため、何にも替えられない達成感があります。
 仕事にチャレンジするときは、上手くできるか心配になることが多々あり
ますが、成功する喜び、失敗から学ぶ教訓があるので毎日が充実しています。
(Kさん 41才)

写真04

見積もりから始まって、受注、予算組し、打合せ、施工図の作図、現場管理の末に、全てが完成し、形になった時の充実感が一番です。
 私は、電気工事を専門に行う前は、設備関係の仕事を行っていましたので、その時の経験が役にたつ事もあり、そういう時にもやりがいを感じます。
(Oさん 60才)

入社しての印象は?

写真05

現場、書類、資格試験の勉強と覚えることが多く、とても大変な仕事です。電力関係の仕事なので責任も重大です。しかし逆に言えば、色々なことが経験でき、成長できる会社だと思いました。
 2年後、現場監督になれるように、毎日が修業だと思って仕事に取り組んでいます。(Tさん 36才)

女性から見た、会社の雰囲気はどうですか。

写真06

経理という立場上、社内・社外に気を使う事が多い一方、お蔭様でとても頼れる上司に恵まれ、日々良い勉強をさせてもらっており、充実した時間を頂き感謝している、今日この頃です。
 社内の雰囲気は、各部署にムードメーカー的な社員がそれぞれおり、とても楽しく笑わせてもらっています。もちろん仕事は真面目にしていますよ(笑)
 また、会社の脇にはプランターに家庭菜園をしている社員もおり、とてもフランクな会社です。(Mさん 〇〇才)

会社の脇に社員がプランターで家庭菜園をしています。 会社の脇に社員がプランターで家庭菜園をしています。
Webからの
お問い合せ
お電話での
お問い合せ